注意する点や工夫する点

フード

足の付け根が腫れて死ぬほど痛む、尿酸値が高いと指摘されている、関節の1か所が腫れている、このような症状があったらそれは痛風発作かもしれません。痛風の痛みは経験した人でないと分からないと言われています。しかし痛風発作が起きないためにも、普段の日常生活を注意する必要があります。特に食事には十分注意しましょう。まずは食事の量ですが、少し減らし腹八分目を心がけましょう。また痛風の患者には食べてはいけない食事はありませんが、肉や魚を控えて野菜や海藻類を多く摂るようにしましょう。またビールやレバーなどプリン体を多く含む食事はなるべく控えるように注意しましょう。最後に体の中の尿酸を排出させるために、十分な水分補給を行いましょう。

痛風発作は、血液中の尿酸値が高くなると起こりやすくなると言われています。特に30歳から40歳くらいの男性に多いと言われています。また女性でも閉経後に尿酸値が高くなる場合があるので注意が必要です。痛風を予防するために大切なことは、普段の食事を工夫することが大切であります。とくにアルコールの摂取は注意しましょう。しかし付き合い等でお酒を飲む機会がある人も多いでしょう。そこで工夫出来ることとして1日当たりの摂取量の目安を知っておくことかもしれません。ビールであれば、ビール瓶1本、日本酒であれば1合、ウィスキーであれば60mLとなります。またお酒を全く飲まない休肝日も設けるように工夫しましょう。適量を守るように工夫することが大切となります。