尿酸値に注意する

男性

尿酸の蓄積が原因です

痛風は尿酸が体内に蓄積されて、それが結晶化することによって激しい関節炎となる病気です。痛みの場所が、風が吹くように足やひざ、腰、手、肘などの全身の関節を移動し、風が強くなったり弱くなったりするように痛みが酷くなったり弱くなったりすることを繰り返すことで名前が付けられました。また、痛みの箇所に風が当たっただけで痛むことから名前が付けられたともいわれています。痛風が発生する前に、血液中の尿酸値の数値が上昇します。尿酸値の上昇が続くと、ある日突然、足の指の関節が痛み出します。尿酸の結晶は比重が高いため、足部から痛風が発生する場合が多くみられます。痛風の傷みは、骨折の痛み以上といわれています。通常の場合、この痛みは1週間から10日間ほどでなくなります。

尿酸値に注意が必要です

痛風にかかる者の多くは、20歳以上の男性です。定期的な健康診断を受けて、尿酸値の数値に日ごろから注意しておく必要があります。尿酸値の上昇が著しい場合には、早期に専門の病院等を受診することが重要です。尿酸値の数値がそれほど高くない場合には、生活習慣の改善で予防することができます。また、痛風の既往症がある場合には、薬物治療で再発を予防することができます。尿酸値の上昇は、遺伝と生活習慣等によるとされています。痛風予防のためには、肥満防止のための適度な運動を行い、アルコールやプリン体の取りすぎに注意することが重要です。また、尿酸は腎臓から尿により体外へ排出されますので、水分を多量に取ることで尿酸の蓄積を予防することができます。